idea 倉庫

最近暇じゃなくなってきた学生がガジェットメインの雑記ブログでそこそこの位置を目指していく

idea倉庫

活動開始!!

Huawei P10を一週間使い果たして気づいた14のこと

にほんブログ村 PC家電ブログへ
にほんブログ村

Huawei P10が我が家に到着してからついに一週間がたちました。

そこでP10レビューだらけの一週間の締めとして定番の使って気づいたことを紹介していきたいと思います。(これからもネタがあり次第P10関連記事は出します)

この記事を見た方々への参考になれば幸いです。

 

最近の注目していることとしては

いつもHuawei関連のスマホを激安で売るgoosimsellerさんがP9liteをなんと!

半額以下の11800円で売っています(=゚ω゚)ノ

これは驚異的な安さです。

またP10も

定価より7000円安い58800円で売っているので注目です。

 

それでは本題に早速参りましょう!

 

 

 

 

P10関連記事

 

fumiho0330.hatenablog.com

 

fumiho0330.hatenablog.com

 

fumiho0330.hatenablog.com

 

 

↑主が契約したSIMも考えるとP10最安値のモバイル

 

外観系

 

本体背面の反射が凄い

主が買ったダズリングブルーという色はハイパーダイヤモンドカット仕上げがされてあるのでこのようにめちゃくちゃ反射します。

このハイパーダイヤモンドカット仕上げはP10ではダズリングブルー、P10 Plusではダズリングゴールドのみなので他の色は全てマットな仕上げになっています。

好き好みは分かれますし、主も大好きかと言われたら微妙ですがケースをほとんどの方はつけるので関係ないですし、クリアケースをつけると反射が抑えられ奇麗なブルーになるのでこの点だけでダズリングブルーの購入を諦めるのはもったいないです。

この加工によって指紋は全くつかないし、傷も付きにくくなっているんです。

 

さらにこの特殊な加工のおかげで本体を傾けると色が変わって見えます。

主はこの角度の色味が好きです。(どうでもいい)

 

底面側面の色がすごい好き

背面のザラザラした加工とは違いつるっと光沢があるこの色味が絶妙にいいです。

Galaxy s8のコーラルブルーの色にかなり似ている気がします。

ほぼ毎日充電するときに見る部分なので好みの色で良かったです。

 

アンテナラインがiPhone7に酷似している

アンテナラインとは

この写真の左側にある灰色の線のことで電波受信感度などを上げるためのものです。(P10のカメラの画質になれるとiPad mini4のカメラが凄い汚く見える…)

そしてこのアンテナラインの見た目がiPhone7にそっくりだと思うんです。

ほら!まさにiPhone7のようなアンテナラインの配置です。

はい。(だから何だという突っ込みが来ることを覚悟中)

外観はこれぐらいですね。

 

↑3GB以上のプランを考えると格安、13000円キャッシュバックされます。

 

機能系

まさに吸い付くがふさわしいディスプレイ

よく吸い付くように動くディスプレイとは言いますがこれがまさにそうでした。

初期状態から貼ってあった画面保護のためだけでフィルムとしての性能は高くない保護シートが張ってある状態で触ってもヌルヌル!

もうヌルヌル!ヌルヌル(*´ω`*)

ガラスフィルムを張ってからの使用が非常に楽しみです。

 

あほ速い指紋認証

P10から指紋センサーが前に来たんですがこれがあほ速く認証するんです。

0.2秒ぐらいですかね?(体感はもっと速い)

あまりにも速いので誰でも行けるんじゃないかと疑った父が試しても確かに開かないんですよねぇ。

ヌルヌル動くディスプレイと合わせて本当にストレスなく使うことができています。

指紋も5個まで登録できるので左手の指も登録できるので安心です。

いや、本当に速いですよ。これが目玉と言ってもいいぐらいです。

 

ナビゲーションキーでの操作はもう一歩(;´・ω・)

P10の操作方法としよく見る仮想ナビゲーションバーの他に、指紋センサーが前に来たおかげで画面外ナビゲーションボタンでの操作方法が用意されています。

これにより画面いっぱい使うことができるようになるのでお勧めです。

画面外ナビゲーションボタンの操作としては

  • タップで一つ手前に戻る(仮想ナビゲーションバでいうところの一番左)
  • 長押しでホームに戻る(真ん中)
  • ボタンを左右にスライドすることで履歴一覧が見れる(右)

 こういうものなんですが一番最後のやつだけが使いにくいです。

ボタンを左右にスライドしても反応されずタップだと思われて一つ前のページに戻ってしまいます。

それを理由に仮想ナビゲーションバーにしようと思ったんですが、せっかくだから少し我慢してナビゲーションキーの操作を続けたところ今ではほとんどミスしなくなりました。

でも結局使いにくいです。

こういうところでiPhoneのダブルクリックでの履歴の起動が凄いと思います。

 

 

サクサク動く

主が今まで使っていたHuawei honor 6PlusはKirin 925を搭載していたんですがたまに動作がもたつくことがありました。

そんなhonor 6PlusのベンチマークをAntutuで測ったところ

53512点でした。

4万点を超えれば普段使いには文句ないそうですが意外とはてなブログや楽天アフィリエイトのページは重いのでもう少し欲しいところです。

 

そんな中P10は最新フラッグシップCPUであるKirin 960を搭載していてそのベンチマークは…

驚異の13万点越えの134626点!

しかもこれはまっさらの状態ではなくすでに主のデータが入ったりしている状態での計測なんで新品の状態でやったらもっと伸びると思います。

いやぁこれだけあるからサクサクなわけだねぇ。

 

スピーカーの音量が大きい

上位機種であるP10 PlusではデュアルスピーカーなんですがP10では1つだけのモノラルスピーカーです。

しかしそれでもそもそものスピーカーがいいのかわかりませんがすごく音が大きく聞こえます。

音質が良くなっているかは微妙ですが音量が大きくなっても音質が落ちていないということは良いということでしょう。

あまり音質面に拘られていないP10でもこの音質でしたら、Huaweiが本気で音楽に拘ったスマホを出したらそうなってしまうのか非常に楽しみです。

 

未使用時のバッテリーの持ちはすごい!

正直言うと使っているときのバッテリーはそんなに良くないです。

1時間軽く記事やYoutubeを見るだけでも15%ぐらいはなくなってしまいます。(それもWifi環境ではなかったけど)

しかし使ってないときは11時間放置しても4%しか減りませんでした。

honor6 Plusのバッテリーは3600mAhととても多かったんですがむしろP10の3000mAhのバッテリーの方が持ちが良いように感じました。

恐らくバッテリーの品質自体が高いんでしょうね。

電池が少なくなったらモードを変えたりも簡単にできるのでお勧めです。

 

急速充電の確かな実力

急速充電を馬鹿にしていました。(唐突)

honor6 Plusでは

15%からMaxまでは4時間ぐらいはかかったんですがP10では1時間ほどですぐにフル充電が完了してしまいます。

ケーブルもUSB-Cなので差しやすく、すぐに充電されるので安心して使い倒せます。

スマホ中毒がより進行しますねw

また急速充電中のアニメーションがお洒落なんで買ってみて実際にお確かめください。

 

 

Leica製カメラは本当に素晴らしい

P10のカメラは全ブログの中でも一番詳しくやったと言えるほどレビューしたのでご覧いただければ幸いです。

雑にとってもこんなのが撮れます。

後カメラのでっぱりがないのも高評価です。

 

fumiho0330.hatenablog.com

 

fumiho0330.hatenablog.com

 

fumiho0330.hatenablog.com

 

合計3記事にわたり詳しく書かせていただいたので是非ご覧ください!

 

ナックルジェスチャーが使いやすい

P10liteにも搭載されて話題になったこの機能

e,c,m,nなどの文字を書くことであらかじめ決めたアプリを開いたり、指関節で2回画面をたたくことでスクリーンショットが撮れたりします。(とくに後者が使いやすい)

使いにくかったらOFFにするだけでいいので機能が多いということは良いことです。

 

機能面はこれぐらいですかね。

 

↑格安SIM業界でダントツに催促なUQモバイルP10liteを販売していて限定カラーであるサクラピンクもある。

 

その他

付属のクリアケースは非常に質感がいい

Huaweiのスマホ製品にほとんどついているこの付属のクリアケースは付属品だからってなめちゃいけないです。

かなり薄くて持ち心地も良いです。

側面は持ちやすいようにつるつるしていて、背面はマットで鈍い透明です。

そのため、ケースをつけると

嘘みたいにあのダズリングブルーの輝きが抑えられて一気に大人な雰囲気に!

わざわざケースを買う必要もないほどいいこのケースですがカメラの開き方が横一列丸々開いている点だけはどうも好きになれません。

そのせいで汚れが結構入ってしまったので主は結局Cellularline製の手帳型ケースを買いました。

 

 4490円と高いケースでしたが思い切って買っちゃいました!

質感がいいので気に入っています。

後日レビューするのでお楽しみに!

 

取り扱いしているMVNOが多い反面家電量販店の取り扱いは少ない

格安SIM会社のほとんどがP10を取り扱っています。 

fumiho0330.hatenablog.com

なので購入は問題ないんですが実際現物を見て触ってみたい人は多くいると思います。

確かにヨドバシカメラやヤマダ電機でタッチ&トライイベントなどを開催していますが、期間はかぎられていて実施店舗も都心のみなので行けない人も多くいると思います。

しかしP10を取り扱っている家電量販店は

■上新電機株式会社

■株式会社エディオン

■株式会社ZOA

■株式会社ノジマ

■株式会社ピーシーデポコーポレーション

■株式会社ビックカメラ

■株式会社ヤマダ電機

■株式会社ヨドバシカメラ

 かなり少なく、触りに行くのにはハードルが高いです。

かなり良いスマホなのでもっと皆さんに触ってほしいものだけに残念です。

 

↑業界でトップクラスに速いLINEモバイル。P10も取り扱っているのでLINEをよく使う人にはお勧め。

 

まとめ

一週間使った最終的な感想としては主にはオーバースペックな良いスマホだということです。

主みたいなユーザーでしたらP10liteでも十分だと思いました。

しかし、このカメラの良さと指紋認証の速さだけは皆さんにも体感してもらいたいものです。

まあ、P10は最高です。

どんどんほかのスマホも買いたくなりましたw

一週間P10だらけだったので明日から少しずつ他の記事も書いていくつもりです。(AsusがZenfone ARとかも出したしね!)

ではではこれからもidea倉庫をよろしくお願いします。

 

閲覧ありがとうございましたm(__)m