idea 倉庫

最近暇じゃなくなってきた学生がガジェットメインの雑記ブログでそこそこの位置を目指していく

idea倉庫

活動開始!!

【遂に対応!】MacでVR!!に必要なもの一覧!!

にほんブログ村 PC家電ブログへ
にほんブログ村

先日から利用可能なMac OS High SierraへのアップデートによりMacがとうとうVRに対応することになりました。元々デザイナーさん達が使っているイメージが強いMacですからVRコンテンツの作成がそのMacでできるっていうのは非常に嬉しいはずです。

しかし、今回はそんなVRコンテンツなんて作れねえよ!ただ遊ぶだけにVRを利用したいよという、主の意見を尊重してVRでの遊び方関連のやり方を紹介していきたいと思います。

最初に言っておくと…

もう1台Mac買えるお金用意してある?

 

それでは早速ぶいぶいあるあるしていきましょう!

 

 

 

 

当然VRをするにあたってmacだけあってもできるわけがありませんよね。

それはもうものすごい準備があってからこそのVR体験ですよ!

ということでまずは必要なものをあげていきます。

 

1.  Mac

「imac pro」の画像検索結果

これはもう当然ですよねw

でもmacの中にもどのレベル以上のmacが必要なのかっていうのがあるんです。 

 それがこちら!

  • 最初っからVRいけます!:iMac Pro(今冬) iMac 5K
  • 外付けGPUがあればいけます…:imac 4K Macbook Pro(なるべく最新の)

 他のmacbookやairはできないそうです。

最初からできるのはiMacの最上位機種の5Kモデルと12月発売予定の機体の最強スペック、男の夢であるiMac Proです。外付けGPUを買う値段から考えるとiMac 5Kが実はVRをやるなら一番お得だったりします。(今回のHigh Sierraでは外付けGPUにも対応)

現在のmacbook proやiMacの下位モデルも外付けGPUでVRに対応できるとは言われています。(まあ多分できる)

本当は試してみたいところですがあいにく外付けGPUもVRも買うお金がナッシングです。(金持ち企業さん達がやってくれるであろう!)

 

まあもしVRをやるとしたらiMacの5Kが一番お得ってことですね!

 

 20万円ぐらいですね。これぐらいの出費は致し方あるまい。

 

 

 

2. 外付けGPU

関連画像

さあ次はGPUですね。(iMac 5Kの人たちにとっては関係ない)

これは自分もですがMacbook Proユーザーにとっては重要なアイテムなので、VR関係なく注目したいところです。(一応今回はVR対応に必要なスペック並みのGPUを紹介する)

実はAppleの発表会に参加している人はExternal Graphics Development Kit」を購入することができその中にはこんなものが入っています。

 AMD Radeon RX 580(GPU)

他にも入っているけどよくわからないので放置。

どうやらこれがあればMacbookもVRに対応できるようになるそうです。

値段は599$(67470円)とかなり高額です。しかも開発者向けのキットなので我々には買えません。

でもAppleのことですからきっと来春あたりにはVRに対応できるGPUを出してくれるはずですよね!

まあ何はともあれこのGPU以上だったらMacbook ProをVR対応にできるということですのでここでおすすめGPU3連発いっちゃうぞおお!!!!!

 

 1.  Radeon RX580

値段:約33000円

 

そう何を隠そうrx580だ!

Appleでは約70000円というぼったくりだがここではなんと半額である。これぐらいの値段だったら買えなくもないはずだ。

でも一つ気をつけたいのはこれThunderbolt 3に対応してないんですよね。だから色々試行錯誤して頑張ってねぇ。(人任せ)

あれ?これもしかしてグラボってやつ?外付けGPUじゃない?まいっかw(今年もよろしくお願いいたします)

 

2.   eGFX Breakaway Box

値段:約41000円

 

thunderbolt3接続に対応しているかつ比較的安価の本製品。

見た目も洗練されていていい感じである。

 

3.  Synology DiskStation DS216play

値段:約28000円

 

今回最安の本製品はレビューも多く評価も高いので最もいい一品と言える。

USBポートしかないのでハブをかます必要はあるがこれがコスパが一番いいだろう。

 

以上GPUは各自用意してね!

 

 

3. VR

パソコンとGPUによりVRはできるようになりましたが肝心のVRももちろん必要です。

Macで使えるVRはこれのみです。

「VR vive」の画像検索結果

HTC VIVE!!(イエーイぱふぱふ🐹)

お値段なんと!!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【送料無料】 HTC HTC Vive CE 99HALN011-00
価格:84110円(税込、送料無料) (2017/9/27時点)

 

 84110円です!!(定価はもっと)

いやあもうさっきのGPUと合わせたらMacbook Air買えちゃいますよねw

しかもコントローラーとかヘッドセットは別売りでまた数万円は飛んでいきます。

やはり色々と厳しい道のりですね。

 

まあ詳しい内容は以下の公式サイトで見てください。

 

 ↓公式サイト(7万7780円で買える)

www.viveport.com

 

 

4. VRコンテンツ

「vRコンテンツ」の画像検索結果

まあこれは個人それぞれの好みがあるのでそれぞれが用意するべきものですよね。

なのでここでは、さっきのViveのHTCさんが有料サービスでVRコンテンツを遊べるようになるというものがあるのでそれを紹介したいと思います。

その名も

VIVEPORT Subscription

 

普通HTCが販売するVRコンテンツは一つあたり数千円するのだが、このサービスに加入すれば毎月800円払えば1ヶ月あたり5本まで選んで利用することができるそうだ。

対応しているタイトルは絞られているものの順次増やしていくようだし、値段も安いのでもしViveを買ったなら合わせT入っておきたいサービスだ。

 

↓やりたい人はどうぞ

www.viveport.com

 

 

 

以上で全てのアイテムが出揃ったのであとはあなたの好きなようにプレイするだけです! 

 値段は高いがこういうのはロマンですよね。お金の話を持ち出したらきりがない!!

海外旅行1回分と考えればそこまで高くもないでしょう?

 

それではいいMacでVRライフを!!

 

まとめ

一言でまとめます。

 

 

PlayStation VR win (๑╹ω╹๑ )

 

 閲覧ありがとうございましたm(_ _)m