idea 倉庫

最近暇じゃなくなってきた学生がガジェットメインの雑記ブログでそこそこの位置を目指していく

idea倉庫

ガジェット専門ブログのはずがオールジャンルになってきた 9月2日まで失踪予定(自分探しの旅に出ます)

MCバトルを見始める人におすすめしたい5つのバトル

にほんブログ村 PC家電ブログへ
にほんブログ村

このブログを書き始めたころにかなりおすすめしたこのMCバトルというものですが皆さん見てくれました?

見てないなら以下の記事を読んでくだせえ

fumiho0330.hatenablog.com

 

黒歴史(^◇^)

 

fumiho0330.hatenablog.com

 

MCバトルを見ると言っても何を見るべきか分からない人に今回は主おすすめのバトルを5つ紹介するので参考にしてね。

 

 

目次

 

 

1. 黄猿 VS 鎮座DOPENESS


戦極MC BATTLE 第六章(13.4 .28)黄猿 vs 鎮座DOPENESS @BEST BOUTその1

 

MCバトル界の怪物フロウ使いの鎮座ドープネスさんがとにかくやばいこのバトル。

戦国MC BATTLEというMCバトルの大きなイベントの公式チャンネルが出しているバトルの中でも最も再生回数が多くとても人気なバトルだ。

なんと3611656回です。

このバトルの魅力は鎮座ドープネスの異次元なフロウではあるんですが黄猿の返しもとてつもなく上手い。

特におすすめは1:43からの鎮座ドープネスさんのフロウですね。

動画は5分ですが実際は2分ぐらいなのでMCバトルに興味ない人も見てみてください。

 

 またこのバトルがある戦極6章の全バトルが載っているDVDも売っていますので気になる方はどうぞ。(プレミア価格になっているが)

 

 

2.Lick-G vs MOL53


Lick-G vs MOL53/戦極MCBATTLE第15章(2016.11.06)@BEST BOUT1

 

MOL53とは燃えるゴミのことである。

主が一番好きな若手MCであるLick-gとパンチラインの名選手MOL53が戦った結果名試合が生まれました。

このバトルでは数々の名ラインがたたき出されていますが特におすすめは

2:43秒からのMOL53のバースにある「超XXLのキングサァァイズでHow high燃やしてあがりたぁい!」のところです。

キチガイともいえる言葉選びとフロウも相まってめちゃくちゃかっこいい。

それと3:46秒からのLick-gのバースにある「負けねえattitude、揺らすマグニチュード、各自中毒のフロウ」

相手が言ったattitudeからマグニチュード,各自中毒というライムを踏んだ上に各自中毒のフロウという部分で完璧にビートに合わせるというめちゃくちゃ高度なバトルである。

 ビートもポケモンぽくてかっこいいので是非見てもらいたいバトルです。

 

半年ぐらい前に行われた最近の大会なのでDVDもまだ安いです。

後々プレミアになる可能性があるので欲しい人は今しかない!

 

 

 

3.R指定 VS GIL


R指定 VS GIL

 

UMBとはMCバトルの一番大きいいわゆる全国大会だ。

バレーでいうところの春高、野球でいうところの甲子園と同じものと考えてよい。(主はバレー部である←どうでもいい)

UMB史上一番名試合が多かった2014の数々の名試合の中で一番主がおすすめしたいのがこのバトル。

多くの人は因縁のライバルであるDOTAMA VS R指定をベストバウト(一番いい試合)に選んでいるんですが主はこのバトルが一番好きである。

ビートもかっこいいんですがR指定のバイブス(雰囲気)がたまりません。

普段は王者としての風格を漂わせているR指定が過去最高の3連覇を成し遂げるための熱い気持ちがめちゃくちゃ出ているのもかっこいいし、それに対して冷静に返すGILもかっこいいバトルです。

後GILの手の動きがツボにはまるw

一番おすすめの部分は開始早々のRのバース全てです。

みんなが俺の首を狙う、だけど俺はその次の次を狙う そんでラストエンペラー 俺が最後に残る そんでもってこの場誰よりも誇る 鎖とLibraの間で揺れる 俺ならさながら菅原文太 つか邪魔すんな ここは俺の道 お前敗北から学ぶんだ

この大会に対する不安を暴露しつつもそれに対抗することを誓うR指定の気持ち全てが詰まったようなバースです。

やっぱりR指定は王様ということが再確認できる名試合でした。

 

UMB2014は全DVDの中でも一番買って後悔しないDVDです。

MCバトルを見始めるなら絶対買っておきましょう。

 

 

4.R指定 VS 呂布カルマ


呂布カルマ vs R-指定

 

フリースタイルダンジョンからのチョイス。

もともと上述のUMB2014で戦っていた二人の再戦ですからめちゃくちゃ注目されていましたが予想通り1Round目から盛り上がりました。

あるR指定の神返し(動画参照)があったのでRのクリティカルがちだと思ったんですがいとうせいこうさんがそれを止めました。 

結果的にRの神バースが生まれたわけですので感謝しなければ。

そのバースというのが3:23秒からのやつです。

「見た目だけかっこつけたコンプラ(恐らく的場浩司)でもハートはチキン、名古屋コーチン Fake 佐村河内 Shall we 死のダンス? 役所広司(やくしょこぉおうじぃ!)」

意味の通るかつ全て人名でライムを畳みかけている上に相手のディスにもなっているという神バース。

言い方や落としどころまでばっちり決まっている伝説のバースです。

初心者は毎週水曜日の深夜にやっているふりフリースタイルダンジョンから見始めることをお勧めします。

 

 

5.Maka VS Peko


【戦極13章】 MAKA vs peko

 

これから見始める人へのおすすめバトルの最後にこれをお勧めした理由はMCバトルとはただ相手をディスるだけのものではないということが分かるからです。

右側の金髪イケメン男性Pekoさんを見たらわかると思うんですが相手(MAKA)のフロウなどを手をかざして褒めたたえる光景が見て取れます。

確かに相手との戦いではあるんですが相手の良いところはきちんと認めることも重要だと分かります。

Pekoさんはイケメンだしバトルも強いしDJとしての才能もある神のようなお方です。

気持ちいいバトルですしバトル自体も非常に名試合です。

1分が非常に短く感じるいい試合です。

 

このバトルがある13章も名試合が多いので購入してみては?

 

 

 

まとめ

他にもお勧めしたいバトルはたくさんあるんですがこれだけ見ておけばとりあえずはMCバトルが大好きになるはずです。

YoutubeやDVDを活用して立派なヘッズ(ヒップホップにはまり込む人)になりましょう!

 

テスト明けにはてなブログProに移行&独自ドメイン導入するつもりです。

Goggleアドセンスも投入するつもりなんでクリックなどの協力お願いしますよ?(こんな卑しいブロガーがいただろうか)

またMacbook Proも買うつもりなんで出費がやばい…

まあでも稼ぐから!うん、たぶんアフィリエイト全然知らないけど…SEOさえ知らないけど…

 

閲覧ありがとうございました…(テンション低いなおい)