idea 倉庫

最近暇じゃなくなってきた学生がガジェットメインの雑記ブログでそこそこの位置を目指していく

idea倉庫

活動開始!!

【速報】 ZenFone 4 Max発表!! 旧モデルや最新作と比較付き

にほんブログ村 PC家電ブログへ
にほんブログ村

↑読者登録ボタン追加してみたので良ければお願いしますm(_ _)m

 

ZenFone 4 Maxがロシアで発表されたのでいつも通り旧モデルと比較しながらレビューしていきたいと思う。

ZenFone 4と同時発表だと思っていたので少し驚きましたが事前に出ていた画像もZenFone 4 Maxのみだけでしたのでまあ納得です。

最近発表されたガジェットと言えばHuaweiのMatebookX/Eもあるんですがこのブログで前に紹介したことがあるので書くつもりは一切ない(^◇^)

 

fumiho0330.hatenablog.com

 

↓corei5/8GB/256GBモデルは15万円ほどで買うことができます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

過去のスマホ速報

fumiho0330.hatenablog.com

 

fumiho0330.hatenablog.com

 

 

外観

ZenFone 4 Maxの外観はこれです。

事前の予想画像では

 ネイビーがあったんですがロシアでの発表ではこの3色のみです。

後々追加されるということでしょうね。

前作のZenFone 3 Maxと比べても見た目が全然違います。

すぐにわかる違いでも

  • 指紋センサーがない(前面に移動)
  • カメラがデュアルカメラになった
  • 指紋センサーの移動に伴いASUSのロゴの位置が下から上に移動

これだけある。

今回のデザインはZenFone 3 Maxというよりつい最近ZenFone ARと共に日本で発表されたZenFone Zoom Sの見た目に近い気がする。

指紋センサー以外の位置以外のカメラの位置などは非常に似ていますね。

ていうかZenFone Zoom Sが結構かっこよかった。(発売当初はダサく見えた)

気になる指紋センサーの位置はと言うと

前面に移動しました。

ナビゲーションキーのホームのボタンがちょうど指紋センサー兼ホームボタンになったようである。

主が買ったP10も指紋センサー兼ホームボタンはあるんですが、ナビゲーションキーはディスプレイに依存していたのでこちらのデザインの方が使いやすそうだ。

最近の格安スマホは大体背面に指紋センサーがあったので前面に持ってきたのは少し新鮮な気がするのだがどうだろうか。

そのせいもあってか中々高級感があっていいデザインだ。

ただカラバリは見飽きてしまいZenFone Zoom Sのようにかっこいいとは思えない印象を受けてしまう。

デザイン以上の性能に期待する。(主はすでに知ってしまっているけどな( ;∀;))

 

 

スペック比較レビュー

先ほど外観でも比べた3機種で比較していく。

今回もテストの勉強時間を減らし頑張って表を作ったので頭をなでなでしてほしい。

 

CPUは前作と同様のSnapDragon 430かSnapDragon 425である。

それぞれのCPUのAntutuベンチマークのスコアを参考程度にのせておく

SnapDragon 425: 約36000点

SnapDragon 430: 約44000点

SnapDragon 625: 約63000点

 

なのでCPUはそこまで進化していないどころか少し下がっている。

ストレージも選べるようにはなっているが最低モデルは前作を下回る16GBだ。(日本で発売されるのは何GBかは分からない←恐らく32GB)

メモリは4GBと書いてしまっているがこれは最大4GBのことで最低モデルは2GBなのでこれまた前作を下回る数値になっている。(日本…以下略(´◉◞౪◟◉))

画素数は下がっているもののデュアルカメラになっているためカメラ性能は進化していると言えると思う。

だから実質確実に進化していると言えるのはバッテリーだけである。

前作の4100mAhでも十分多いものの最近は5000mAh以上のバッテリーを搭載する格安スマホも増えてきたため、電池持ちを売りにしている機種にしては少ないバッテリー容量であったが今回はしっかり5000mAhに増やしてきている。

 

値段

値段は一応最も安い26500円であるがこれは最低モデルの2GBメモリ+16GBストレージであるため、前作と同じ32GB+3GBモデルの場合はもっと高くなり前作の値段を超えると思われる。

ただこれはロシアでの価格のため台湾や日本版ではもう少し安くなると思うので値段はほぼとんとんでしょうね。(欧米で発売されたスマホは高い傾向にある)

同じくライバルのP10 liteといい勝負ですね。

 

 

その他スペック

残念ながらZenFone 4 Maxは前作と同じMicro USBです…。(ZenFone Zoom SはUSB-C)

ですので急速充電に対応してません。

まあでも充電時間は4時間ぐらいだそうでそこまで遅くはないです。

また気になるカメラについてですが

 普通の広角カメラに加えて超広角カメラを搭載しています。

風景を撮影するときなどに最適です。

またフロントカメラにも

LEDフラッシュを搭載しているため夜中でも自分の可愛い顔を撮ることができます。

このイメージ画像は何でこんなに明るいのにフラッシュをたいているんだw

カメラ機能については格安スマホ以上のものが期待できそうです。

外箱も結構お洒落で若者目線を意識しています。

 

 

 

総評

良いスマホですけどつまらない。

デュアルカメラ搭載でバッテリー増加など正常進化はしているんですが注目されているZenFone 4の先鋒としてはあまり新鮮味がなかったです。

防水対応やおサイフケータイにでも対応してくれたらもう少しいい機種になると思うんですが残念です。

まあ逆に考えればZenFone 4が良くなっているはずなので期待しましょう!

今買うなら絶対P10liteやP10の方がおすすめできるので以下の記事からご覧ください。

 

fumiho0330.hatenablog.com

 

 

まとめ

総評を書いてしまうといつも以上にまとめの必要性に疑問を持ちますが良いんです!

まとめこそが唯一の皆さんとのコミュニケーションツールなんです。(それはもはやまとめより今日の雑談にした方が良いのでは…)

マジでどんどん新しいスマホが出ているんですがもう買ってしまった身としてはいまいち盛り上がらないです。

自分が買う身にならないと全然興味なくなるんですよねぇ、そう思うともう少し買うタイミングをずらせばよかった気もします。

まあP10にはむしろ満足しかないんで結果オーライですが。

うちのもちまるをナイスフードモードで撮ってみましたw

いやいや食べないけどね?耳だけにしますって!(しません)

 

閲覧ありがとうございましたm(__)m