idea 倉庫

最近暇じゃなくなってきた学生がガジェットメインの雑記ブログでそこそこの位置を目指していく

idea倉庫

ガジェット専門ブログのはずがオールジャンルになってきた 8月12日まで失踪予定(合宿のため)

【速報】ZenFone 4シリーズの内容をASUSがうっかり事前公開!? 合計3機種一挙紹介!!

本来であれば8月17日の発表会でお披露目されるはずだったZenFone4シリーズがなぜかASUSさんによってうっかり公開されてしまっていました。

↓その記事

winfuture.de

 

発表会を待つ楽しみ半減してしまいましたが知ってしまったからには記事のネタにするしかありませんね(´༎ຶོρ༎ຶོ`)(嘘泣き)

↓この記事をめちゃくちゃ参考にしましたが間違っているところや抜けているところもあったのでこの記事を書きました。(特にZenFone Selfie Proの画素数が抜けているところはこちらで確認してほしい))

gigazine.net

 

 

 

ZenFone 4シリーズ

ZenFone 4シリーズでは今回明らかになった3機種を加え合計4機種で推移するようです。

  1. ZenFone 4
  2. ZenFone 4 Selfie
  3. ZenFone 4 Selfie Pro
  4. ZenFone 4 Max

この公開内容からは事前に予想されていたZenFone 4Sはなさそうですね。

ZenFone 4がメイン機種でselfieが従来のカメラ特化スマホ、Proがそれに加えてスペック上げたやつ、Maxが低価格帯モデルという位置づけでしょうか。

Maxに関してはすでに記事を書いてあるので、今回はその他3機種を公開された内容を元に詳しく書いていきたいと思います。

↓Maxの記事
www.idea-souko.com

 

 

ZenFone 4

 

外観

自分ダサいと思う全モデルの3はこんな感じでした

「zenfone3」の画像検索結果

カメラの位置が絶妙にダサい(つまりgalaxyもダサいと思っている)やはり左上にある方がいいですよね。

そこで今回のZenFone 4では何と!?

おおおおデュアルカメラになって左上に登場です!

てか普通にめちゃくちゃかっこよくなってる!

色はブラックとホワイトのみのようです。

 

↓フロント

なんていうかHuaweiP10にそっくりですねw

指紋認証センサー付きホームボタンが下部についています。

フロントはベゼルの感じまでP10にそっくりです。

 

↓背面

おおおお!これは新しいです。

カメラのつき方や本体色はそれぞれP10、Mi6に似ているんですがZenFone独特のこの加工がロゴから円状に放出されていてなんかかっちょいい。

 

3の時よりだいぶ今風にかっこよくなったのではないでしょうか?

 

スペック

まあ見た目だけ進化してもhx@[lauhdsuqhauですから中身も進化しています。(文字化けではございませんご安心くださいませ)

ZenFone 3から進化した部分を抜粋して書いていきます。

  • CPU SnapDragon 625→630に
  • ストレージ 32GB→64GBに
  • メモリ 3GB→4GBに
  • 5.2型1,920 x 1,080 IPS液晶 →解像度は同じで5.5型有機ELディスプレイに
  • 背面カメラ 1600万画素→1200+800万画素のデュアルカメラに(フロントは変わらず800万画素)
  • バッテリー 2650→3300mAhに

ほとんどのスペックは根こそぎ強化されたようですね。

特に注目したいのは有機ELディスプレイになった点とデュアルカメラになった点でしょう。

またこれより少しスペックをアップさせた機種も計画しているようです。(CPUが660になったりメモリがより良くなったり)

その機種が先ほどないって言ってたZenFone 4Sなのかもしれません。

 

そして値段が499ユーロ(64534円)とだいぶ高くなりました。

ただスペックの面から考えるとこれぐらいに収まったのは逆に朗報かもしれません。

値段からも何から何までP10にそっくりな気がしますw

日本価格では値下げに期待したいところです。

 

ZenFone 4 Selfie

 

外観 

おうwさっきダサいと言ってしまった見た目をしていますね。

もう事前発表されたMaxやこの後紹介するProを含めて、今回展開する4機種には全て指紋認証兼ホームボタンがついているようです。

やはりホームボタンは便利ですし指紋認証は前の方が便利ですもんね。

まだわかりませんが今回公開してしまった情報からですとこのネイビー1色しかこのZenFone 4 Selfieにはカラバリがないようです。

まあどうせ〇〇モバイル限定!!とかやるんでしょ?でしょでしょ?

 

スペック

Selfieというからにはフロントカメラがえげつないはずです。スペックを紹介します。

  • CPU SnapDragon 430
  • 5.5型1280×720のIPS液晶
  • ストレージ64GB
  • メモリ4GB
  • フロントカメラ2000万画素+500万画素のデュアルカメラ(参考にした記事では800万画素だが正しくは500)
  • 背面カメラ1600万画素
  • バッテリー3000mAh

そしてきになる値段は299ユーロ(38668円)

安ʕʘ‿ʘʔ!?

CPUや液晶では負けるもののストレージメモリは4と同じでカメラはむしろ買っているのに25000円以上安いという奇跡。

てかフロントデュアルカメラってすごくない?

まだあまり使われていないフロントデュアルカメラをこの価格帯に乗せた上に2000万画素という大盤振る舞いっぷり。

確かに見た目はあれですけどとてつもなく売れる予感!

確かに見た目はあれですけど背面カメラも1600万画素備えていますしね。

確かに見た目はあれですけど…

 

 ZenFone 4 Selfie Pro

 

外観

と言ってもこの機種はさっきのノーマルモデルのスペック強化版なだけなので見た目は変わりません。ただカラバリが違うだけです。

赤色がとても綺麗ですね。

黒系の色がないのがやや残念な気もします。

 

 

スペック

具体的にノーマルモデルからの進化点のみを挙げていきます。

  • 5.5型1280×720のIPS液晶→1920×1080有機ELディスプレイに
  •  CPU SnapDragon 430→625に
  • フロントカメラ2000万画素+500万画素→2400万画素+500万画素に

そして値段が399ユーロ(51601円)

あれ?これもうZenFone 4よりいいんじゃ…

てか2400万画素って今まで主が見てきたどのスマホカメラより高いんだが(その前はXperiaの2300万画素)

もちろん画素数が全てってわけではないんですけどこれは素晴らしい。

見た目はあれですけどスペックはほとんど同等になりました。

後は背面がデュアルカメラで+1万円、フロントがデュアルカメラで–1万円のどちらを取るかっていう話です。

またZenFone 4ではフロントが800万画素と低いのですがSelfieでは背面も1600万画素と十分すぎるほど高いことも考慮するともしや…ですよねw

見た目はあれですけど見た目はあれですけどむしろ本命より脇役の方が今回はいい気がしてきましたw

 

 

まとめ

というわけで合計4機種全てを紹介してきたわけなんですが思った以上に波乱の展開になってまいりました。

全くノーマークだったSelfieの2機種がめちゃくちゃお得に見えるんですよねw

もう発表内容を知っちゃったまま発表会を見るのもまた洒落乙なはずです。(?)

各社が売り始めたら恒例の最安値調査もやるつもりなので、そちらも合わせて読んでいただけると幸いです。

 

閲覧ありがとうございましたm(_ _)m